鹿沼土って??


鹿沼土って??



ウィキペディアから引用します(=⌒▽⌒=)



鹿沼土(かぬまつち)は、農業や園芸に使われる

栃木県鹿沼市産出の軽石の総称。形状は丸みを帯びている。

土と呼ばれているが実際には軽石である。



鹿沼土は通気性・保水性がともに高いことから、

主にサツキなどのツツジ科の植物や東洋ランなどの栽培に

用いられる。

また、鹿沼土は水分を含むと黄色くなり、乾燥すると白くなるので

土壌の乾燥が判断しやすく、園芸に優れている。









ブルーベリーはツツジ科です。

鹿沼土は、酸性なので

ブルーベリーの土作りに使います。

前回のピートモスと混ぜて

土を作ります。



ピートモスだけだと通気性が悪くなるので

鹿沼土を混ぜます。



水が好きで

多すぎると根腐れする

矛盾の多いブルーベリー(笑)



保湿しながら

通気性を作る

そして酸性度を高める



そんな土作りに必要で

絶対に出てくる言葉です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。