ピートモスって!?


ピートモスって!?

ブルーベリーを育てている方は、あたりまえに

知っていると思うけど

初心者には、わからないピートモスって言葉



僕も育てる前は、知らなかったです。

そんなピートモスを簡単に説明します。





ウィキペディアから引用しますね♪



日本ではミズゴケが主原料となるヨーロッパ産のピートモスが多く流通しているために、ピートモスとはミズゴケの英語名のような誤解をされることがある。実際にはピートモスとは泥炭層から切り出した複数の植物から作られる用土であり、ミズゴケ以外の複数の植物が原料のピートモスも存在している。

通気性、保水性、保肥性が高く、有機酸 を含むため、通常酸性 を示すが、石灰 を加えて中和 し、中性 にしたものもある。土壌改良剤としては単品で使うほかにパーライト やバーミキュライト と混ぜて使用することも多い。



とまあこんな説明です(笑)

難しい言葉がいっぱいです(><)




簡単に説明すると

このピートモスは、

ブルーベリーを育てる土の代わりです。

ミズゴケが堆積したもの。

鉢植え、地植えでも

必ず必要な必須アイテム



酸性が必要なブルーベリーなので

必ず成分未調整(中性になっていないもの)を

使用してくださいね♪



中性は、他の植物の種の苗床とかにも使います。



長繊維

短繊維



があるので

短繊維を使うと良いです。



原産地によって

色々とあるみたいです。



ブルーベリーのプロさん達は

原産地による品質も違いがあるので

使い分けをしているみたいです。



ちなみな、僕は

その時に、安いのを買っています。



いまのところ、大丈夫みたいです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。