ハイブッシュの実 2010年05月25日


ハイブッシュの実 2010年05月25日

だいぶ大きくなってきました♪
今日は夏日わーい(嬉しい顔)

今年は、4月に雪が降ったり
5月のGWから夏日になったり
先日は寒くて今日は夏日晴れ

何だか変な気候あせあせ(飛び散る汗)

そんな中でもブルーベリーの
ハイブッシュは成長中ですわーい(嬉しい顔)

やっぱりラビットアイより成長が早いですわーい(嬉しい顔)

育てている品種は、
ブルークロップ
ジャージー
ウエイマウス
ブルーレイ
プル
ランコーカス
チャンドラー
はやばや星
あまつぶ星
おおつぶ星

ぷっくり膨らんできてますよわーい(嬉しい顔)

20100525085517.jpg

20100525085533.jpg

20100525085549.jpg

20100525085616.jpg


葡萄の実 2010年5月25日


葡萄の実 2010年5月25日

裏庭のブドウは、
デラウエアと巨峰わーい(嬉しい顔)

玄関先には
マスカットわーい(嬉しい顔)

小さな実が付いてますグッド(上向き矢印)


巨峰
20100523090610.jpg

デラウエア
20100523090638.jpg



ピートモスって!?


ピートモスって!?

ブルーベリーを育てている方は、あたりまえに

知っていると思うけど

初心者には、わからないピートモスって言葉



僕も育てる前は、知らなかったです。

そんなピートモスを簡単に説明します。





ウィキペディアから引用しますね♪



日本ではミズゴケが主原料となるヨーロッパ産のピートモスが多く流通しているために、ピートモスとはミズゴケの英語名のような誤解をされることがある。実際にはピートモスとは泥炭層から切り出した複数の植物から作られる用土であり、ミズゴケ以外の複数の植物が原料のピートモスも存在している。

通気性、保水性、保肥性が高く、有機酸 を含むため、通常酸性 を示すが、石灰 を加えて中和 し、中性 にしたものもある。土壌改良剤としては単品で使うほかにパーライト やバーミキュライト と混ぜて使用することも多い。



とまあこんな説明です(笑)

難しい言葉がいっぱいです(><)




簡単に説明すると

このピートモスは、

ブルーベリーを育てる土の代わりです。

ミズゴケが堆積したもの。

鉢植え、地植えでも

必ず必要な必須アイテム



酸性が必要なブルーベリーなので

必ず成分未調整(中性になっていないもの)を

使用してくださいね♪



中性は、他の植物の種の苗床とかにも使います。



長繊維

短繊維



があるので

短繊維を使うと良いです。



原産地によって

色々とあるみたいです。



ブルーベリーのプロさん達は

原産地による品質も違いがあるので

使い分けをしているみたいです。



ちなみな、僕は

その時に、安いのを買っています。



いまのところ、大丈夫みたいです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。